電子タバコ依存は悪いことなのか

禁煙をして2年になりますが、「電子タバコに依存しているだけではないか」と指摘されたことがあります。確かに、タバコの代替品として利用しはじめましたが、今では、ガムやアメと同じように「日常のスパイス」です。電子タバコには、無視してよい程度の害しかありませんが、吸い過ぎるとタバコ以上に費用がかかります。国産10ミリリットルのリキッドで、平均1、000円程度ですが、1本で1カ月持つ方もいますし、チェーンスモークをすれば1日1本吸うこともできます。1週間で1本であれば、本体+コイル費用を含めると、1日分の費用は、タバコ1箱の半額といったところです。健康面には問題がありませんので、費用面で生活に問題が生じるのなら「依存」になりますし、お小遣いの範囲であれば「嗜好品」になります。電子タバコを利用する場合、口さびしさをまぎらわせるガムやアメの購入は不要ですし、間食もしなくなります。実は、とてもおいしいリキッドに出会うと、チェーンスモークになりやすく、すぐに1本吸い終わってしまいますが、タバコのような依存性はなく、3日もすれば落ち着きます。好みのリキッドも、タバコの銘柄のように固定化するものですし、3カ月もすれば適量を見つけることができるでしょう。

電子タバコを使用してニコチン依存に気づく

禁煙目的の電子タバコ利用者は、最初、吸っていたタバコと似た感覚を求めます。国内販売は薬事法で禁止されてはいますが、ニコチン入りのリキッドを利用すると、タバコと似た感覚を得ることができます。ここでとても大切な「気づき」を得ることができます。「紙と葉を燃やした煙を吸いたい」と感じていたけれど、実は「ニコチンが欲しい」だけだと自覚できると、心理的に非常に楽になり、タバコを吸わず、ニコチンガムを利用しても同じことだと気づけるでしょう。海外のリキッドには、ニコチンが含まれていますので、「電子タバコ依存」が起こりますし、リキッドからニコチンを抜いていくと、禁断症状が起こります。この点においては、ニコチンガムの量を日々減らしながら、ニコチン抜きをするほうが楽です。メンソールタバコを吸っていた方は、同じ味のリキッドを利用しやすいですが、ニコチンがすっかり抜けた後に、「タバコとは無関係の風味」を選びなおすことをお勧めします。たとえば、パイナップルの味を好きになったとしましょう。これはタバコでは味わえませんので、「電子タバコを吸いたい」という気持ちになったとしても、紙タバコを燃やしたいとは感じなくなります。ゆっくりと段階を踏んで、自分の心理を誘導することで、無理のない禁煙ができます。

甘味リキッドが電子タバコによる禁煙に良いワケ

ニコチンは、脳内報酬系を刺激します。「ここまで」は、特に害はありません。喫煙者が、電子タバコを吸っても、ニコチンが入ってなければ、タバコで得られる満足感がありませんが、「甘味リキッド」の場合、ニコチン同様、脳内報酬系を刺激しますので、「甘党の方」なら、タバコとは異なる満足感ではあるものの、代替品として十分に利用できる可能性があります。一般に、糖分の取り過ぎによる肥満は、甘味が快楽となっています。電子タバコの風味の中でも、かなり強めの甘味リキッドは、甘いものを好まない方には、とても耐えられない濃厚な味わいですが、甘党の方には、お菓子をたっぷりと食べた直後の感覚を得られます。実は、麻薬であるコカインよりも、甘味・糖質のほうが報酬としては強いことを示す研究論文もあります。実際には糖分を摂取していないのに、甘味同様の快楽を覚えるのは、舌の甘味受容体を刺激するからです。甘味受容体は、「体内に糖分が入ったことを脳に知らせる」役目をしています。甘いものが嫌いではない方は、濃厚な甘味リキッドをお試しください。タバコとは異なりますが、「これでも十分に満足できる」という快感を得られれば、禁煙に強くサポートしてくれるでしょう。

Leave a Reply

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)